ピンクサファイアのブレスレット

1月の日本橋三越での期間限定ショップでデビューして以来、静かなヒットアイテムとなっているのが、ピンクサファイアのブレスレットです。

b0278339_17121564.jpg
小ぶりですが、きれいな発色のピンクサファイアを、丁寧にK18のワイヤーで1つ1つつなげています。

b0278339_17122676.jpg
肌に乗せると本当に良い感じの発色です。 大粒なものを使用するときれいですが、ちょっと目立ち過ぎ。 この小粒が普段使いにも良い感じです。 

b0278339_17123608.jpg
クラスプのところには、ちょこんと1粒の飾り付きです。 17㎝の仕上げで、税込¥36720。 長さのオーダーも承れます。

こちらのブレスレット、ご覧になりたいという方も多く、3月には表参道の「アームブランシュ」さんにご納品予定。 もしかすると、名古屋でご覧いただく機会もあるかもしれません。

以前にも、このブログに書きましたが、サファイアとルビーは鉱物学的に言うとコランダムという同じ石です。 含有される石の成分により色味が異なり、鉱物学的には深い青のものをサファイア、深い赤のものをルビーと呼び、それ以外はコランダムと呼ばれます。
宝石としては、深い赤のルビー以外のものをすべてサファイアと呼び、青以外の色ものはファンシーカラーサファイアと呼ばれます。 
どこまでがルビーで、どこからがサファイアかは決まっておらず、深い赤と深いピンクの境はどこにあるのでしょう?(笑)
その狭間にあるような深い色の発色の良いピンクがとても魅力的だと思います。 大人のピンクです。 少々値が張るのですが、深いピンクのピンクサファイアに目が行って仕入れてしまいます。
「ピンクサファイア」という呼び方も、なんか高貴なセクシー感があって良いなと思います。 甘いピンクは苦手な方にもおすすめしたいピンクです。





by carob | 2015-02-24 17:33 | ジュエリー | Comments(0)
<< パールキャッチの効用 オーダー品、制作終了! >>